読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬぬん!

やってみたこと,思ったこと

実践DDDを読んだ

ずっと気になってた実践DDD本(通称、鈍器)を読んだ

www.amazon.co.jp

感想的なもの

最初は、チームで用語を決めるの大事だよーみたいなところから始まり
じゃあ用語が決まったらどこでシステムは区切れるだろうか
システム間のやり取りは、対するシステムに合わせるのか(上流・下流) などなど

これで3章まで

このような戦略的設計の話があり
新規プロダクトを開発する時は気をつけていきたいなーと思うことばかりであった

そのあとは
実践本なので、コードベースの設計の話になる

ここから私は混乱し始める

オブジェクトの持ち方、管理の仕方について書かれているのは分かるけども
例に上げられているプロダクトもよく分からなくて
実際のコード見ても想像しにくい

恐らく普通のDDD本をちゃんと読んでないからだろうな—

勉強不足感を痛いほど感じて 中盤からは完全に文字を追うだけになってしまっていた

エンティティ、バリューオブジェクト、ドメインサービス
Laravelでアプリを作った時に関わった概念だーという程度で
用語だけなんとなく知っている状態

単語を拾い、自分の理解と重なるところだけ飲み込んでいった

読んだけど、前半の戦略的設計のところ以外 マトモに落とし込めていない

木の枝、木の盾でラスボスに挑むような状態

コレは良くない、読んだのに読んでないような….なんとも歯がゆい

分かるために本を読む

これはレベル上げしてからもう一回だなーという感じ

デザパタ

www.amazon.co.jp

普通のDDD本

www.amazon.co.jp

ゆるふわで分かりやすいという評判のDDD本

techbooster.booth.pm

今後

読書を大失敗してしまったので
上記の今後読んでいくリストを消化しつつ
ひとまずLaravelの機能をフルに使えるようになるところから始めたい
(デザパタやDDDに通ずるところがあると信じてるから…..)