読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬぬん!

やってみたこと,思ったこと

嫁 is ジャスティス

この記事は,Dark - Developers at Real Kommunity Advent Calendar 2015 の3日目の記事です。

テクニカルなお話がありましたので
私からはほっこりするお話をお届けします

私とDarkと筒隠月子

私がDarkコミュニティに入るきっかけは
@hoto17296 から誘われて行ったDarkの勉強会でした。

新卒エンジニア向け技術交流会 vol.2 - Dark - Developers at Real Kommunity | Doorkeeper

当時まだ学生だった私は
その勉強会でLTを見て、色んな人と話してスゴイと思った。

新卒なのにこんなに技術に対してキラキラしている人たちがいる事が衝撃で
yamiとhikariの間で奮闘する彼らをカッコイイと思った。

私もこんなキラキラしたエンジニアになりたい
また、みんな歳も近いこともあって話も合いそう!友達になりたい!

そう思って
定期的に開催されるもくもく会に参加するようになり

技術に対する関心も高まり

もくもくして

ゴクゴクして

はぁああああ月子氏!可愛い!!可愛いすぎてバクバクする!! はああああもうおおおおお月子ちゃんぺろぺろぉおおおおおお

とても自然な流れだった

筒隠月子がそこにいた理由

@papix さんが勢いでとったドメイン「は俺の嫁.com」を
サブドメインを付けてみんなで使おうという流れが生まれた。

私はその流れに便乗し、github pagesで筒隠月子.は俺の嫁.comを作り
またそこから画像を引っ張ってくるhubotの処理を@ara_ta3氏と@papix さんが書いてくれて
流れに流れを継いで

f:id:gomayumax:20151202202311p:plain

Slackに嫁の流れる川ができた。

嫁がいるとイイコトがある

疲れている時にSlackをみると
みんなの嫁が流れてる

自分の嫁が欲しくなって筒隠月子を流す

尋常じゃない癒やし効果っ!!!

すごい!最高!

まとめ

Darkコミュニティはふざけることも全力で
技術でネタになって返って来る

すごい面白い集団だなと思いました。

ほっこり。

ちょっと意味がわからない内容で走りきりましたが
私が筒隠月子のことを大好きだということが伝われば十分です